hirohiko のすべての投稿

ギフト券を現金化するときの注意

最近、アマゾンギフト券を現金化するメリットが少なくなってきました。
一番のメリットだったのが、換金率です。
以前は、90〜95%の換金率で交換できていました。

ところが、現金化サイトで手に入れたアマゾンギフト券を自分のアカウントに登録後、
そのギフト券使えなくなり、さらにはアカウント停止になる事象が報告されています。

そのため、ギフト券現金化サイトでの換金率が大幅に低下しています。
現状では、今まで通り、このサイトで案内しているクレジットカード現金化サービスを使うほうが良さそうです。

「オススメのクレカ換金サービス」枠からクレジット現金化サービスを選んで使ってください。

チャージ式のカードは使えるの?

Q 質問
チャージするタイプのカード(プリペイドカード)は使えますか?

A 回答
最近、AUウォレットやSOFTBANKカード、DoCoMoのdカードのような、チャージして利用する形式のサービスが増えてきましたね。
まず最初にいくらかの金額をチャージして、使う時にそこから引かれる、というようなタイプで、
クレジットカードやデビッドカードと違い、必要以上に使い込むことが少なくて良いですね。
また、携帯電話の決済枠からのチャージが出来るので、審査が通らない人でも、クレジットカードと同等の使用をすることが出来ます!

さて、このようなチャージ式のカードは現金化サービスの利用ができるのでしょうか?

結論から言うと、出来るカードと出来ないカードがあります。
AUウォレット、SOFTBANKカード、dカードなどは使えるところが多いようですが、VISAのサービスであるVisaプリペイドカード(バンドルカード)は利用できないことが多いようです。
利用したい現金化業者のホームページで、自分の持っているカードが利用できるか予め確認しましょう。

また、現金化できない場合でも、ギフト券などを買って、それを現金化する手段もありますので、ぜひ下記ページも参考にしてください。
プリペイド式ギフトカードを現金化したい

カードがなくても現金化できますか?

Q 質問
カードを持っていないんですけれどお金がないので現金化したいです。カードがなくても現金化する方法はありますか?

A 回答
現金化はショッピング枠を現金化するので、残念ですがカードがないと現金化はできません。
まだクレジットカードを持っていないなら、新しくカードを作ることで現金化ができるようになります。銀行系、信販系、流通系、消費者金融系などいろいろな種類があって、カード会社によって審査基準は異なります。審査が通りやすいカード会社もあるので、現金化するなら、まずは作るためにカード会社に申し込んでみましょう。

審査の通りやすいクレジットカードは、いわゆる「流通系」と呼ばれているものです。
クレジットカードには「銀行系カード」「交通系カード」「信販系カード」「流通系カード」の4つがあります。
4つの中で最も審査が甘い・ゆるいといわれているのが流通系カードです。そのため、審査が不安な方は、流通系カードを作るのがおすすめです。
・銀行系カードは審査が厳しいです。
・交通系カード、信販系カードは審査が普通です。
・流通系カードは審査が甘いです!

流通系カードとして有名なのは、セディナ、エポス、セブンカードなどが挙げられます。
どれか一つでも良いので作成しておくと、使用時のいろいろなメリットもついてきます。

プリペイド式ギフトカードを現金化したい

Q 質問
プリペイド式のギフトカードをもらいました。使い道がないので現金化したいと思うのですがどうすればいいでしょうか?

A 回答
プリペイド式のギフトカードは商品券と同じ価値があるので、金券ショップに売却したり、オークションで購入希望者に販売することで売却できます。

良く取り扱われているプリペイド式のギフトカードには下の種類がありますが、売却の際の換金率は、ギフトカードの人気、需要度によって変わってきます。

・楽天ポイントギフトカード
・Amazonギフト券
・GooglePlayギフトカード
・LINEプリペイドカード
・Amebaプリペイドカード
・GREEプリペイドカード
・mobageモバコインカード
・任天堂プリペイドカード
・プレイステーションネットワークカード
・BookLive!プリペイドカード
・iTunes Card
・nanacoギフト

使い勝手がよい人気のあるプリペイド式のギフトカードのほうが換金率は高くなります。人気のあるギフトカードはカードに設定されている金額から5%~10%程度割り引いた金額で売れる場合もあります。

ギフトカードの売却額はどうしても券に書いてある金額より安値で買われることになってしまうので、利用予定があるなら自分で使ったほうがお得です。多くのギフトカードには期限が設定されているので、利用予定がないならギフトカードを使い忘れてしまうことがないように早めに現金化しておいたほうがいいでしょう。

最近はプリペイド式のギフトカード売買を行うサイトが増えてきています。
様子を眺めているだけでも、1時間に取引成立が10〜20件くらい発生していることもありました!
また、とても簡単に売買できる様になってきているので、結構オススメです!
簡単に出品、簡単に出金の流れが完成しつつあるようです。

現金が高く売れるってどういうことですか?

Q 質問
ニュースでフリマサイトで現金を元の値段より高く売っているって話を聞きました。現金が元の値段より高く売れるなら誰でもすぐにお金儲けができると思うのですが、誰が買うんですか?わからないことだらけです。教えてください。

A 回答
現金が元の値段よりも高く売れるのは「クレジットカード」が関係しています。

フリマサイトではクレカで決済ができるようになっていますが、出品されている現金をクレジットカードで購入すれば、カードの支払いは後なので、現金がすぐに送られてくれば今すぐ現金が手に入ることになります。お金に困っていて、今すぐ現金でしか買えないものが必要だったり、今すぐにお金を現金で返さないといけない場合や、とりあえず現金があれば助かる状況では割高であっても、現金を購入する理由があるのです。

例えば10000円の現金が11900円の値段で売られていて購入した場合は、10000円を金利19%で借りたこととほぼ同じといってもいいでしょう。19%の金利は消費者金融やローン金利よりも高いのに、現金を売った時点でほぼ確実に元金の回収もできるので、現金を売った側からすれば、ノーリスクでお金が儲かることになります。
実際にはフリマサイトの手数料や利用料、郵送費などがかかるとは思うので、もう少し複雑かもしれませんが、誰でもできる簡単な儲け話であったといってもいいと思います。

フリマサイトでは「マネーロンダリングなどのトラブルになる可能性がある」という理由で現金の出品は禁止にしたようです。フリマサイトやオークションでお金を購入して現金を用意するのは難しくなりましたが、クレジットカードがあって現金を用意したい場合には、現金化専門サービスを利用することで現金を用意することができます。現金に困っている人には助けになるかもしれません。

現金化の店舗とネットはどちらが安全?

Q 質問
現金化の店舗があるところとネットだけのところはどちらのほうが安全なんですか?
あと、優良店舗は田舎でもありますか?
ご回答よろしくお願いします。

A 回答
現金化サービスを提供している会社の安全さは店舗対応をしているかしていないかだけではわかりません。田舎では現金化サービスのお店を探すことは難しいと思いますので、ネットを使って現金化サービスを利用したほうが早くて簡単で便利です。
都市部であれば現金化サービスを提供している店舗を探すこともできるかもしれませんが、店舗数が少なければ選択肢は多くありません。ネットでは様々な現金化サービス会社を比較して選ぶことができるので、少ない店舗の現金化サービスから選ぶよりも優良サービスを見つけやすいと言えます。
ネットだけで現金化サービスを提供している会社は、競合する現金化サービスも多いのでサービスに力を入れてお客様への対応もなれていますしスピーディーなところが多いといえるでしょう。近くに現金化の店舗があるなら、店舗に行って様子を見てみるというのもいいかもしれませんが、特に店舗にこだわる理由がなければ、現金化サービスはネットで比較して見つけたところを利用したほうが良いサービスに巡り合える可能性は高くなります。

似たような質問:お店で現金化をしたい人の質問

カードの現金化は借金ですか?

Q 質問
現金化についての質問です。先日はじめてクレジットカードで現金化ができると知りました。でもカードで現金化する仕組みがよくわかりません。これは借金なんですか?

A 回答
ショッピング枠を使って現金化をするサービスは借金ではありません。現金化サービスの会社はカードで購入した商品を買い取ることで利用者に現金を渡し現金化をサポートしています。現金化サービス会社にお金を借りるサービスとは違うのです。

しかし、クレジットカードを使って購入した商品のお金はカード会社に返さなくてはいけません。現金化は現金化サービスの会社への借金ではありませんが、カード会社にはショッピング枠を利用した分の返済の必要がありますので、忘れないようにしましょう。
借金よりも簡単にできるので気をつけなければ行けないところは、購入率です。
借金するよりも購入率が低くならないように気をつけて、安全に現金化を行うようにしましょう。

ギフト券の現金化とクレカの現金化の違いは何ですか?

Q 質問
クレカの現金化ができると聞いて利用しようか悩んでいたところギフト券の現金化ができると聞きました。でも、クレカの現金化とギフト券の現金化の違いがよくわかりませんでした。どちらもクレジットカードを使って現金化するんでしょうか?

A 回答
ギフト券は商品券などのことだと思いますが、最近は「Amazonギフト券」の現金化や換金をするサービスが増えています。アマゾンギフト券の現金化の場合には、誰かからもらったアマゾンギフト券を換金する場合と、クレジットカードでギフト券を購入して換金して現金化する場合が考えられます。

クレジットカードの現金化の場合には、現金化サービス会社の指定したものをクレジットカードで購入して、購入したものを現金化サービス会社に買い取ってもらうことで現金化することになります。

どちらの場合でも、クレジットカードを使った場合には、ギフト券の現金化とクレカの現金化は同じような扱いになります。誰からもらったギフト券を換金するだけであれば、それはギフト券の現金化というよりはギフト券の売却といったほうが適切です。
ギフト券の売却は現在非常に活発化しています。

クレカで現金化をすると怖い取り立て屋がきますか?

Q 質問
クレカ現金化業者で現金化をしてお金が返せなくなったら怖い人が取り立てにくるのでしょうか?
まだ現金化はしてませんが現金化業者ってあやしいし怖い人がくるならやめておこうかなって思います。

A 回答
クレジットカードの現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を用意するサービスなので、現金化業者からお金を借りているわけではありません。ショッピング枠で使った分のお金はクレジットカード会社へ返していきます。

万が一、カード会社への支払いが滞れば、クレジットカードの利用の停止や、借金の督促は来ることになるでしょう。しかし、借金の取立は貸金業法で制限されているので、いきなり怖い人が取り立てにくるようなことは考えられません。

怖い人がこないからといっても借りたお金はきちんと返さないといけません。クレジットカード現金化サービスに限らず、お金を借りる時は自分の収入を考えて返済できるように計画的に行動するようにしましょう。

アマゾンギフト券を買うとクレジットカード利用停止になりますか?

Q 質問
アマゾンギフト券を買って現金化しようと考えています。いきなりギフト券をたくさん買ってしまうとクレジットカードが利用できなくなったりしませんか?

A 回答
Amazonギフト券を大量に購入しても、いきなりクレジットカードが停止されることは考えにくいですが、クレジットカードの利用停止の判断をするのは各カード会社なので絶対に利用停止にならないとは言い切れません。
専門のサービス会社は購入も支払いもきっちり行ってくれます。基本的には専門のサービス会社のほうがギフト券売買よりも優れていることが多いです。
現金化を目的としたAmazonギフト券の大量購入の場合には、現金化の目的がクレジットカード会社にばれてしまうと停止になる可能性が高くなります。クレジットカードのキャッシング枠を限度額いっぱいまで使っていて、今までAmazonギフト券を買ったことが無かったり、普段ショッピング枠を利用していない場合には、いきなりAmazonギフト券を大量に買うとAmazonギフト券の現金化が疑われるのでカード会社からクレジットカードの利用停止をされる確率は高くなるでしょう。
クレジットカードのショッピング枠を活用して現金化をしたいなら、専門のサービス会社にまかせたほうが自分で換金するよりも失敗する可能性は低くなります。